外断熱

外断熱

日本の季節は、春は桜、秋は紅葉と四季折々の風情がありますが、夏は高温多湿に見舞われ、反対に冬になると少湿のカラカラの寒い環境になってしまいます。

過ごしやすい居住空間を得るには、暑さや寒さ、湿気対策が大きな課題となります。従来の内断熱ですと長時間かけて木材が外気と熱交換してしまいます。でも、外断熱は基礎から家丸ごと開口部を除いて外部を断熱材で包み込みますから、木材の熱交換は遮断されます。その上にアルミ箔を隙間なく張り込みます。

基礎はベタ基礎で地面からの湿気の上昇を抑えるため、防水を施します。その結果、建物内部は外気の影響を受けずに、快適空間が保たれ家全体が一定の温度空間となります。

当社の考える省エネルギー

21世紀の我々の大きな課題となっているCO2削減。真剣に取り組まなければいけない時代となりました。『CO2の排出量を削減すると言うけれど、一体誰が削減するの?』それは一人一人が関心を持ち、対策を講じてこの問題を解決しなければいけません。社会問題というより、もはや個人の問題と言えるしょう。

当社は省エネ住宅を増やすことで、地球温暖化防止・CO2削減に少しでも貢献できると強く信じております。強く謳ってるエアコンのいらない家造り。エアコンの使用を1/5に軽減することにより、CO2の削減・経済的なランニングコストのプランになります。自然エネルギーをどう使うかが、省エネの大きなポイントとなるでしょう。省エネ住宅にすることでマイナス点は一つもありません。では、省エネ住宅とはどのような住宅なのか・・・夏は暑くない・冬は寒くない。そんな住空間だったらエアコンはいりません。耐久性の高い家は100年経っても、400年経っても、半永久的に持続する家と言えるでしょう。

地球は悲鳴を上げています。環境問題と家造りは大きく関わっています。使い捨て時代は終わりにして、何代でも受け継がれる家造りがこれからの時代のテーマと確信しております。そんな理想的な住空間を当社はオリジナル構造体と外断熱工法で実現しております。

外断熱とアルミ箔

当社の実現している外断熱とアルミ箔の働きとは、外気温に左右されず、室内からトイレ、洗面所、至るまで快適空間にし、かつ、構造体そのものが半永久的に持続することです。

外断熱の力

断熱材を基礎から屋根まで、丸ごと包み込み外気からの温度を完全に遮断します。魔法瓶のような家になるのです。
断熱材の使い方一つで、超省エネ住宅になるのです。

外断熱と内断熱の違い

断熱材を知る!
この違いが冷暖房費1/5削減を達成します

外断熱と内断熱の違い
図1 内断熱工法
外断熱と内断熱の違い
図2 当社の外断熱工法

今までの住宅が何故寒いのか。まずは木材そのものについてですが『木は暖かい・断熱性がある』というイメージがある方は多いかと思います。しかし、断熱材に比べて、木材は熱伝導比が約13倍も違い、時間を掛けて熱伝導を行っているのです。図1を見てください。内断熱は断熱材が柱と柱にある工法です。

上記でお話した通り、木材その物が熱を通しています。室内で作られた熱が、柱を通して外に逃げてしまい、反対に外気の温度は柱・壁を通して室内に入り、時間が経つと共に外気温に近づいて行くのです。これでは安定した室内空間を作るのは困難です。

図2の外断熱工法を見てみましょう。建物の躯体を基礎から屋根まで断熱材で覆います。

この断熱材により、熱の伝わりを遮断し、外気の温度に左右されない室内空間を造ることができます。室内は、断熱材に包まれた物質全てが蓄熱層となり、一定の温度を保たれるようになります。

外断熱と内断熱の違い
CONTACT

お問い合わせ

有限会社山下工務店へのお問い合わせはこちら。
お見積もり・ご相談は無料で対応いたします。

TEL 042-360-2411 042-360-2411

営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
※FAX、お問い合わせフォームからは24時間受付しています。
FAX 042-367-0942

お問い合わせはこちら